年間活動報告

WRV神奈川支部の活動報告 2019年(平成31年)

2019年3月
  • 3月2日(土) かながわ海岸美化財団・海岸美化団体交流会(藤沢土木事務所)に皆川支部長が出席しました。
  • 3月2,3日(土・日) 野毛山動物園 「動物たちのSOS展」のイベントに参加しました。
    「ヒナを拾わないで!」展示の説明とともに、お子様向けのクイズを行い、参加者には動物メダルをプレゼントしました。
  • 3月12日(火) かながわボランティアフェスタ実行委員会に皆川支部長が出席しました。
  • 3月14日(木) 東芝未来科学館にて、「おやこの学び舎~放課後サイエンスワークショップ~」(NPO法人はたらくらす依頼)を開催しました。
    参加者は大人7名、子ども11名で『鳥のはねのふしぎ』をテーマに、大人はマスキングテープを使った羽根のアクセサリーを、
    子どもは実物の羽根を使ったチャームを作りました。
  • 3月16日(土) 神奈川県野生動物リハビリテーター(2級)第15期生・12名の認定式が、かながわ県民活動サポートセンターにて執り行われました。
    県からは自然環境保全課野生生物グループリーダー小沼様及び同グループ井上様にご出席いただきました。
    式後、第1~14期生による歓迎会が行われました。
  • 3月16日(土) 神奈川県野生動物リハビリテーター研修が、かながわ県民活動サポートセンターにて行われました。
    本研修は自然環境保全課の協力を得て実施するもので、今年度のテーマは「神奈川県におけるイノシシ管理計画について」でした。
  • 3月21日(木・祝) 夢見ヶ崎動物公園「春の動物園まつり」開催に向け動物病院(傷病鳥獣保護施設)の大掃除を行いました。
  • 3月22日(金) かながわボランタリー活動推進基金21審査会幹事会合同会議に皆川支部長が出席しました。
  • 3月24日(日) 夢見ヶ崎動物公園「春の動物園まつり」に参加しました。「野鳥クイズ」を行い、ヒナ誤認保護防止を呼びかけました。
  • 3月25日(月) 第44回 わいわいサロンをかながわ県民活動サポートセンターで行いました。
    ヒナの季節に向けての活動計画について話し合いを行いました。
  • 3月30日(土) 神奈川県野生動物リハビリテーター更新講習会(対象者,4,6,8,10,12期生)を行いました。
    「動物園との連携を考える:自宅での終生飼育」と題して、動物園の野生復帰不能個体自宅で修正飼育の実現に向け課題整理と
    解決への方向性を見出すために話し合いました。
2019年2月
  • 2月7日(木) 神奈川県野生動物リハビリテーター(2級)養成講座(実習)を実施しました。(終了)
  • 2月7日(木)~11日(月・祝) 第18回「さがみ自然フォーラム」(厚木市民交流プラザ)に参加しました。
    「海ゴミに悩まされる野生動物」「知って防ぐトビとのトラブル」の展示を行いました。(神奈川野生動物救護連絡会として)
  • 2月11日(月・祝) 『かながわボランティアフェスタ2018』(あーすぷらざ)に参加しました。
    ステージ上でのパフォーマンスとして「クイズ!バードレスキュー」を行った後、展示ブースにて質疑応答や解説をしました。
  • 2月24日(日) 「野毛山動物園セミナー2019」で1期生の荒井さんが
    「横浜から小笠原へ1000kmの旅~自称・はまっこが語るふたつの地域の野生動物救護活動~」と題する講演をしました。
2019年1月
  • 1月10,24日(木) 神奈川県野生動物リハビリテーター(2級)養成講座(実習)を実施しました。(2月7日まで継続)
  • 1月19日(土) 夢見ヶ崎動物公園にてリハビリテーター勉強会を行いました。
    体験談:ツバメのヒナの動物園搬送(4期生の東山さん)、報告紹介:夢見の傷病鳥獣保護状況(岡島職員)、
    交流歓迎:14期生と1~13期生との交流を行いました。
  • 1月23日(水) かながわボランタリー活動推進基金21幹事会に皆川支部長が出席しました。
  • 1月27日(日) 災害動物医療研究会・第1回研究大会(大阪ECO動物海洋専門学校)に皆川支部長が参加しました。



その他の年の活動報告